音読授業を創る  そのA面とB面と     05・7・5記




  
本時授業の音読目標の立て方




             
はじめに


  ここでは、一時間(本時授業)の音読目標の立て方について書きます。
国語科の指導目標には、価値目標と技能目標とがありますが、ここでは技能
目標について書くことにします。技能目標の立て方が分かりにくく、また
技能目標がはっきりすると、音読授業の指導方法(流れ)がよく理解してい
ただけると思うからです。
  音読授業には、ふつう二つの指導方法(流れ)があります。
  ひとつは「まず解釈深めの話し合いをする。次に、深まった表象や感情
形成を土台に情調にただようままに感情たっぷりと音声表現をする」です。
  もうひとつは「まず音声表現をさせる。次に、その音声表現を手がかり
に、その読み声を材料にして解釈を深める話し合いをしていく」です。
  もちろん、これら二つがごちゃ混ぜになった授業もあります。音声表現
と解釈深めを次々と交代させる、音読をやりながら解釈深めをも同時にやり
つつ、解釈深めの話し合いの中に音読を取り入れるなど、それを臨機に交代
させていくという授業です。
  本時の授業では、これらのどちらに重点を置くかで、その音読目標の立
て方がちがってきます。
  ここでは、どちらかに重点を置いた音読目標の立て方について書きま
す。


     
「解釈深め」から「音声表現」への場合



およその文型は、次のようになります。

 ┌……の場面を ┐   ┌話し合わせ┐
 │……の様子を │ + │読みとらせ│  +
 └……の気持ちを┘   └想像させ ┘

  ┌……の雰囲気が表れるように┐   ┌音読させる。  ┐
  │……の様子が声に出るように│ + │表現よみさせる。│
  └……の気持ちをこめて   ┘   └音声表現させる。┘

  なにはともあれ例文をご覧になるとすぐにお分かりいただけるでしょ
う。例文をご覧になれば、「なるほど、そうか」「音読授業はこういう指導
過程をとおるのか」ということもすぐご理解いただけるのではと思います。
  次に、その例文を列挙していきます。


≪会話文音読での目標例≫

○かさが売れなかった気持ちを想像させ、じいさまのがっかりした気持ちの
 音調を工夫して、じいさまの会話文を音声表現させる。
○おおかみとこぶたたち、二者の気持ちの違いを話し合わせ、二者の気持ち
 になってそれぞれの会話文を役割音読させる。
○母ぎつねの驚いた気持ちをくわしく話しかえ、驚きの気持ちが会話文の読
 み声に表れるように音読させる。
○ごんの気持ちを話し合い、ごんの独り言にして「ひきあわないなあ」の不
 満の気持ちが出るように会話文の音声表現をさせる。
○兵十と加助との連続する会話文の個所、二人の気持ちの違いを詳しく話し
 合い、その気持ちの違いが二人が対話している音調に出るように工夫して
 役割音読をさせる


≪地の文音読での目標例≫

○語句(叙述)をおさえ、あわてている王様の場面(様子、気持ち)を読み
 深め、王様のとりみだした行動が地の文の音声表現の強弱や緩急の音声変
 化にでるように音声表現させる。
○化け物退治の緊迫した場面を表象豊かに話し合い、速さやリズムの変化を
 工夫して地の文の表現よみをさせる。
○かわいがっていた子牛が売られていくのを見送るおじいさんと、しんぺい
 くんの気持ちを話し合い、その気持ちが声に表れるように地の文の音声表
 現を工夫させる。
○葬式の場面の音声表情のしかたを話し合い、低く・沈んだ・ゆっくりした
 音調で、場面の雰囲気が音声に出るように地の文の音読をさせる。



     
「音声表現」から「解釈深め」への場合


およその文型は、次のようになります。

┌音読を手がかりに ┐   ┌……場面を  ┐  ┌想像させる ┐
│音声表現をさせて │ + │……の気持ちを│ +│読みとらせる│
└表現よみをとおして┘   └……の様子を ┘  └考えさせる ┘


≪会話文音読での目標例≫

○大造じいさんの独り言の会話文を音読させ、その読み声について話し合う
 中で、大造じいさんと残雪との心の交流を読み深めさせる。
○ちいちゃんの会話文の音声表現のしかたを工夫させ、その読み声の話し合
 いを手がかり(材料、教材)にして、ちいちゃんの気持ちの移り変わりを
 読みとらせる。
○がまくんとかえるくんの対話の役割音読をとおして、その音声表現のしか
 たを手がかりに、かえるくんのがまくんへのやさしい心遣いを音声に込め
 て音読させ、読み深めさせる。
○母ぎつねの会話文の音読をやりながら、その音読のしかたの話し合いをと
 おして、子ぎつねを心配している母ぎつねの気持ちを読み深めさせる。
○二人の会話文の表現よみをとおして、二人の考え方の違いをはっきりと把
 握させる。


≪地の文音読での目標例≫

○間のあけかた、強弱変化やスピード変化を工夫しながら地の文を音声表現
 させ、残雪とはやぶさとが必死に闘う様子をありありと想像させる。
○民話特有の語り口で読み、昔語りの文体を体感させる。
○大造じいさんの目や気持ちによりそって音読させ、大造じいさんの決意の
 固さ・強さを身体に響かせて読みとらせる。
○十年後の文章部分を、明るく・軽快に音声表現させ、ゆみ子がすくすくと
 快活に元気に成長している様子を身体に響かせて読みとらせる。



      
その他の授業場面で音読目標


≪入門期での音読目標例≫


○拾い読みでなく、語句のまとまりで音声化ができる。
○教師のフラッシュカードで、一目読みがすばやくできる。
○はぎれよい声で、よく響く声で読める。
○へんな読み癖がなく、清潔感や素直な音声表現ができる。


≪発音・発声面での音読目標例≫

○はっきりとした発音で、ゆっくりと、十分な声量で読める。
○張りのある、元気な声で、ゆっくりと音声化ができる。
○二重母音、鼻濁音、母音の無声化に気をつけて音声化ができる。
○はぎれよい、よく通る声で読もうと努力させる。
○へんな読み癖(はねあげ読み、のばし読み、すかし読み、力み読み、しゃ
 くりあげ読み)をしない。
○読み癖が前面に出ない、文章の意味内容だけが前面に出るように努力させ
 る。
○苦しい息つぎ、むりな声の出し方をしないで読める。


≪記号づけ指導での音読目標例≫

○音読記号が自力で文章の行間につけられる。
○記号のとおりに音声表現ができる。
○記号づけの文章分析ができる。
○そのときの読みの調子で、臨機に記号を変更して音声表現することができ
る。

≪共同助言での音読目標≫
○友だちの音声表現を聞き、それについて自分の感想を言うことができる。
○友だちの音声表現を聞き、友達が工夫して音読していたところを指摘でき
 る。
○友だちの音声表現を聞き、自分と違った解釈で音声表現していたことに気
 づいて自分の感想を言える。
○友だちの音声表現を聞き、読み間違い、へんな読み癖、発音のまずさなど
 が指摘できる。
○友だちの音声表現を聞き、友だちのと違った読み声音調を自分からすすん
 でみんなに読み聞かせ、発表できる。


≪情感づけでの音読目標≫

○表象をたっぷりと浮かべて、それを読み声にのせようと努力し、工夫して
 音声表現している。
○イメージ豊かに、たっぷりとした雰囲気にして音声表現しようと努力して
 いる。
○連続する会話文(対話文)は、やりとりしている・しゃべっている雰囲気
 にして読もうとがんばらせる。
○会話文は、相手に話しかけている・語りかけている音調にして読もうと努
 力させる。
○区切りの間に気をつけて読もうとがんばらせる。
○荒削りだが、いろんな色彩にして、いきいきと表現しようとがんばって読
 もうとしている。
○小さくまとめないで、大胆にドーンと変化させて音声表現しようとしてい
 る。
○地の文は、語り手になったり、寄り添ったりして読もうとがんばることが
 できる。


≪注記≫

  ここでは、本時の一時間の授業における音読目標の立て方について書い
てあります。もちろん、全体計画における全体指導目標もあります。これの
立て方については、ここでは省略しています。価値目標と技能目標との一例
だけを挙げておきましょう。

[価値目標の例]
  「ごんぎつね」を表象豊かに読み、表現よみを通して文学作品を読むこ
との楽しさを味わわせる。

[技能目標の例]
  登場人物の気持ちが表れるように会話文の声調を工夫して音声表現させ
 る。  



             トップページへ戻る